〜果てなき旅路〜

遠く過ぎし道 《郷里》は見えず
遥か仰ぐ空 往く宛は知れず
歩みは果てしなく
歩みは果てしなく
遥か遠く 遥か遠く
旅路は永遠に尽きず

遠く過ぎし日は 美しき《追憶》に
遥か仰ぐ空に 《祈願》を託して
《刹那》の出逢いの
《追憶》を抱いて
廻る時に心委ね
この歌を道連れに

廻り廻る風 その遥か彼方
永遠に変わらぬ《安息地》は在るのか
時は廻る 永遠に
旅は続く 永遠に
遥か遠く 遥か遠く
歩むは果てなき《旅路》

♪ * + * + *  ♪

小説『霧の谷』 Image Song〜
果てなき旅路

原曲:ティルマン・スザート編・舞曲集「ダンスリー」〜ロンド「なぜ」より
Tielmann Susato "Danserye" - Ronde I "pour quoy"
(ルネサンス期フランドル民謡)

♪ * + * + *  ♪

このたびは、小説『霧の谷』を
お手にとっていただき、ありがとうございます!


*『霧の谷』 鳥位名久礼:著

表紙画:「大樹」鳥位名久礼・画

カクヨムPixiv

Produced by... Arpa Eolica
リンクバナー
http://eolica.triona.jp/ (Office)
http://blog.livedoor.jp/arpa_eolica/  (Blog)

Copyright(C) 2007-2010 Arpa Eolica All rights reserved.